読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児日記

初めての子育てで感じたこと、綴っています。

こんなに大変だと思わなかった、授乳タイム。

子育てって手探りで、不安なことがたくさんだと思うんですが、私が最初にぶつかった壁は授乳でした。

 

母乳が自然と出て、赤ちゃんがそれを飲んでくれる、簡単なことだと思ってました。

 

しかし、現実は全く違っていました。

 

 

第一の問題は、母乳が出ない。

産後、最初から母乳がスムーズに出てくるなんてのは幻想です。

赤ちゃんがおっぱいに吸い付き、刺激することでだんだん母乳が出てくるようになります。

産院では、諦めずに赤ちゃんに吸い付いてもらうことが大事だと教わりました。最初の10分おっぱいを吸ってもらい、その後ミルクをあげる、という感じで。

 

 

とは言うものの、赤ちゃんは初めからおっぱいに上手く吸い付けるわけではありません。

第二の問題は、赤ちゃんが母乳に吸い付いてくれないこと。お母さんも初めてなこと尽くしで戸惑いますが、もちろん赤ちゃんも初めてなこと尽くしです。上手く吸ってもらえなくて初めは苦労しました。

 

お腹が空いている赤ちゃんの口元を触ると、口を大きく開けてくれます。口が空いた隙に、サッと乳首を入れ、吸ってもらう。

これだけなんですが、実際やると上手くいかなかったです。おまけに、お腹も空いているし、吸う力も弱いし、母乳もしっかり出てないから赤ちゃんも激しく泣く!

で、泣いてる赤ちゃんに耐えられなくてミルクにしちゃうと、そのまま完ミになるんだとか…

「諦めずに吸ってもらうことが大事」

さっきのアドバイスに戻るのです。

 

泣いてる我が子は可愛そうだし、泣き声聞くと焦っちゃうんですが、そこはグッとこらえて母乳を与え続け、1ヶ月ぐらいで完母になりました。

 

 

第三の問題は母乳出ない問題と平行して起こりました。おっぱいの張り、痛みです。

 

母乳が出ないと思ったのもつかの間、産後3日くらいから、母乳がじわっと出てくるようになりました。それは嬉しいことなんですが、カチカチに張って、痛いくらい。これは赤ちゃんに吸ってもらうしかないんですが、なんせ上手く吸えない…というさっきの問題に戻ります。

助産師さんに聞いたら、「熱を持つほど張るなら、軽く冷やすといい」と言われ、タオルを水で濡らして冷やしてました。

 

最初、私のなかで授乳タイムは戦いでした。

哺乳瓶であげるミルクは美味しそうにゴクゴク飲むので楽だけど、ちょっと寂しい思いもしました。

ただ、2ヶ月を迎える今は幸せな授乳タイムです。今では哺乳瓶の方が嫌いになったようです。

 

ミルクで育てている方、混合で育てている方も、多いといいますし、それもありだと思います。

ただ、最初から諦めずにおっぱいを吸わせる、っていうのを続けるのも大切なんだな、と思います。

 

そして、哺乳瓶を煮沸したり、ミルク作る手間がかからないのは今となっては楽です!(笑)

眠いときでも、パパに代わってもらうことは出来ないですが。逆に、おっぱいあげる幸せはママしか味わえない、今だけの幸せな時間だと思って頑張ってます。